So-net無料ブログ作成
検索選択

突破!




カン・ドンウォン,2編連続損益分岐点突破…

'最も重要な興行俳優'など劇

 

 

俳優カン・ドンウォンが2年ぶりのスクリーン外出で連打席ホームランを打った。

昨年末封切りした'戦友分'(監督チェ・ドンフン)に続き

'義兄弟'(監督チャン・フン)も損益分岐点を越えて'最も重要な興行俳優'の

面目(容貌)を立証したこと。

 

映画振興委員会映画館入場券統合コンピュータネットワークによれば

'義兄弟'は17日まで280万 5462人を動員,損益分岐点を軽く越えた。

 

18日配給会社ショーボックス(株)メディアフレックスは"総製作費70億ウォン規模の

'義兄弟'は約250万人が損益分岐点で封切り3週差にも興行傾向(税)が折れないで

いて今後の推移がさらに期待される作品"と伝えた。

 

これでカン・ドンウォンは先立って出演した'戦友分'が総607万人を動員して

損益分岐点450万人を遥かに越えたのに続き'義兄弟'も黒字映画を記録するなど

興行俳優の位置づけを強固にした。

 

一方,今年カン・ドンウォンはソン・ヘギョと延期(煙,演技)呼吸を合わせた

オムニバス長編映画'カメリア'の'ラブ フォーセール'などの作品でひきつづき

観客らとの出会いを準備中だ。


 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。