So-net無料ブログ作成

100万人突破!!

韓国映画の反撃 義兄弟100万人突破!


 


 


 


"アバター"ブームで足踏みしていた韓国映画界が久々に反撃にナソトスプです。


南北問題を扱った"義兄弟"が公開5日で興行1位にランクされました。


キムヒョンギョンさんの記者です。


 


 


 


 


"いつから開始しますか?"


 


"今から"。


 


元国情院の職員と南派工作員との間の


義理と友情を描いた"義兄弟"。


公開5日で観客100万人を突破し、


7週の間の上に持っていた"アバター"を


引き下してしまいました。


 


 


 


"2012"と"ニュームーン"、"アバター"に続く


12週間の外貨ソロを終えて


韓国映画が上をタルファンハンです。


 


 


"スリルがあり、感動的で..."


 


"南北問題に焦点を合わせるより


人間的な部分に焦点を当てた 映画人だと思う。"


 


 


世界唯一の分断国家という素材を


重くないようプルオネンスタイリッシュな演出と


ソンガンホ、カンドンウォン2人の俳優の絶妙な呼吸で


韓国映画の救援投手になりました。


 


 


 


ソンガンホ/"義兄弟"主演


"韓国映画にもそう 、面白い映画があるという考えを


与えることをして欲しいと静けさ、 私の韓国映画も面白い


良い作品がずっと出てくるのですか..."


 


 


 


女性刑務所の合唱団の話を


感動的に描き出した"ハーモニー"も、


12日ぶりに140万人を突破し、 興行を続けています。


2つの映画の宣伝に 先月35%まで落ちた


韓国映画の市場シェアは、 今月に入って50%台を回復しました。


そのうちにハリウッドの物量攻勢に押されていた


私の映画界が韓国的な素材と感性で 観客の心が動いています。


 


 


元記事


 


 


 


 


nice!(0) 

nice! 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。